シナモンがアルツハイマー病を予防できる可能性

大塚真紀

cinnamon-stick-514243_960_720
出典元:pixabay.com

料理の香りづけに用いられ、身近なスパイスであるシナモンの成分がアルツハイマー病の予防に有効である可能性を示唆した論文についてご紹介します。

シナモンとは

シナモンは、以前から香辛料や漢方薬として使用されてきました。料理やお菓子を作る時に利用したことがある方も多いかもしれません。シナモンの香りは特徴的で、甘味の中にわずかな辛みがあり、清涼感を感じることができます。シナモンの香りは桂皮(けいひ)アルデヒドによるもので、シンナムアルデヒドとよばれることもあります。シンナムアルデヒドは、フェニルプロパノイド系の芳香成分です。

シナモンは紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの保存のための防腐剤として使用されていたといわれており、人間とかかわりの深い最古のスパイスの1つです。日本には8世紀前半に乾燥したシナモンとして伝わり、「佳心」とよばれ薬物として扱われていました。江戸時代になって樹木として日本に伝えられたといわれています。

現在は、主にスリランカやインド、ベトナム、ブラジルなどの熱帯各地で幅広く栽培されています。

シナモンの健康効果

シナモンは古くから薬として利用されていることからわかるように、さまざまな健康効果が報告されています。インドでは腹痛や下痢の治療薬として使われており、消化器の調子を整える効果があると考えられています。またシナモンの独特の香りは、胃の働きを高めて消化を促進するといわれています。
他にも血流を改善し、全身の代謝を高める作用があると考えられています。漢方で使用されているシナモンには、水分を調整する作用が期待できるといわれており、汗や尿として体の中の余分な水分を排出しむくみを予防します。

糖尿病のマウスにシナモンを6週間投与したところ、血液中の血糖値やコレステロールの上昇を抑えられたという報告があるため、糖尿病の予防効果も期待されています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16213119)。
人数は少ないですが58名の糖尿病患者に2gのシナモンを12週間摂取させたところ、血糖値と血圧が改善したという報告もあります。(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20854384)

また、シナモンの成分には抗菌作用や抗炎症作用があることがわかっています。 (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20828600)
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21782243)
ただし、子宮収縮作用があるといわれているので妊娠中の過剰な摂取は控えた方がよいです。
このようにシナモンは、香りや味を楽しむだけでなく、体に良い効果をもたらすスパイスであることがわかります。

シナモンがアルツハイマー病を予防できる可能性

韓国の研究チームは、細胞を用いた研究でシナモンの成分であるフェニルプロパノイドがアルツハイマー病の予防になる可能性があることを2016年10月「Nutrition Research」誌に報告しました。

研究チームは、ハムスターの細胞を用いて、シナモンの成分がアミロイドβ蛋白にどのように作用するか観察しました。アルツハイマー病では、脳内にアミロイドβ蛋白とよばれる異常な蛋白が蓄積することがわかっています。また、アミロイドβ蛋白の脳への沈着を予防できればアルツハイマー病の進行予防、または治療になるのではないかと考えられています。

結果としては、シナモンに含まれる成分はアミロイドβ蛋白の産生を抑制することが明らかになりました。さらに、シナモンの成分によってアミロイドβ蛋白の産生に関わるβ-セクレターゼも減少することがわかりました。β-セクレターゼはアミロイドβ蛋白の元となる物質を分解する酵素なので、アルツハイマー病の治療においてβ-セクレターゼの制御は重要と考えられています。

今回の研究から、シナモンに含まれる成分はβ-セクレターゼを抑制することによって結果的にアミロイドβ蛋白の産生を減少させ、アルツハイマー病の予防になる可能性が示唆されました。

しかし、今回の研究はハムスターの細胞を用いて行われているので、今後ヒトを対象としてシナモンの成分がアルツハイマー病や認知機能障害に対して有効であるかどうか検証する研究が行われることが期待されます。
<参考論文・参照サイト>
Nutr Res. 2016 Oct 15. pii: S0271-5317(16)30551-6. doi: 10.1016/j.nutres.2016.10.002.
Phenylpropanoids from cinnamon bark reduced β-amyloid production by the inhibition of β-secretase in Chinese hamster ovarian cells stably expressing amyloid precursor protein.
Kang YJ, Seo DG, Park SY.
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27865616)