脳梗塞が引き起こす軽度認知症に、「鍼灸」を併用した治療が効果を示す

工樂真澄

鍼灸治療が効く(イメージ)
出典元:pixabay.com

中国の天津中医薬大学、鍼灸部門のWang博士らのグループが2016年に出した論文によると、「脳血管性認知症」に鍼灸治療を併用すると、薬だけの治療よりも認知機能の回復に効果があったそうです。(監修:医師 奥真也)

認知症治療に鍼灸?

博士らが行ったランダム化比較試験の対象者は、半月から半年の間に脳梗塞を起こし、さらに軽度の認知症の症状を示した50才から80才の126人です。対象者はランダムに3つのグループに分けられ、一つ目のグループにはカルシウム拮抗薬の「ニモジピン」のみの治療を行い、二つ目のグループには鍼治療のみを行いました。さらに三つ目のグループには、この両方の治療を併用しました。治療期間はそれぞれ三カ月です。

治療開始前と治療期間終了後に、認知機能のテストを行い、成績を比較したところ、どのグループも治療期間終了後のほうがテストの成績が向上していました。ただし、グループ間で比較すると、薬と鍼灸治療を併用したグループでは、他のグループよりも認知機能が著しく改善していることがわかりました。改善した人の割合が最も多かったのも、薬と鍼灸治療を併用したグループでした。

また、治療期間終了からさらに三カ月後、再び認知機能テストを行ったところ、改善した認知機能が保たれていることがわかりました。

脳血管性認知症とは?

脳梗塞や脳出血が引き金となって、その後に起こりやすい認知症が「脳血管性認知症」です。脳梗塞を起こすと約30%近い方が4年以内に、軽度認知症、または認知症を発症すると報告されています。

脳血管性認知症はアルツハイマー型の認知症を併発していることも多く、通常の治療には、アルツハイマー病に用いられるコリンエステラーゼ阻害剤などが使われたりします。

今回の研究で使われた「ニモジピン」は血管を拡張して、血流を促す働きがあります。たとえばクモ膜下出血の場合には、血管が縮こまってしまい、血液が流れなくなることで深刻な神経障害をもたらすことがあります。しかし、クモ膜下出血を起こしてから96時間以内にニモジピンを投与すれば、このような深刻な障害を減らすことができる、と報告されています。日本では用いられていませんが、中国やヨーロッパでは脳血管性認知症の治療にもニモジピンは使われています。

さらに中国では鍼灸治療の研究も進んでいることから、今回の併用研究が行われました。

鍼灸が効くメカニズムとは?

認知症に鍼灸治療はどのように効くのでしょう?軽度認知症の症状を示すラットを使った実験では、鍼灸を施すと、海馬の記憶に関わるタンパク質の合成が促され、記憶力が改善することがわかっています。また、海馬のCA1と呼ばれる領域の神経細胞を活性化することが明らかになっています。

認知症の治療は現在のところ、特効薬や確立した治療法があるわけではありません。今回の研究のように、一見バラバラなように見える治療法の長所を重ねることで、さらなる効果を示す例は、今後さらに見つかることでしょう。

Efficacy and safety assessment of acupuncture and nimodipine to treat mild cognitive impairment after cerebral infarction: a randomized controlled trial.
Wang S et al. BMC Complement Altern Med. (2016) 16:361