歯周病がアルツハイマー病を引き起こす

大塚真紀

zahnreinigung-1514693__340
出典元:pixabay.com

様々な疾患との関連性が指摘される歯周病ですが、認知症についても発症リスクを高める可能性があるようです。

歯周病とは

口の中には約300-500種類の細菌が住んでいるといわれています。健康な状態の時には悪さをすることはないですが、歯のブラッシングが不十分であったり、砂糖を過剰に摂取したりすると細菌がプラーク(歯垢)を産生し、歯の表面にくっつくようになります。プラークは粘着性が強いので一度くっついてしまうと、強くうがいをしたくらいでは取れません。プラークの中には10億個の細菌が含まれており、そのまま放っておくと虫歯や歯周病の原因になるといわれています。

歯周病はこのように細菌の感染によって引き起こされる炎症性の病気です。歯と歯肉の間にプラークがこびりついた状態が放置されると炎症を起こして赤みを帯びたり、腫れたりします。さらに放っておくと歯を支える土台が溶けて抜歯をしなくてはいけなくなる可能性もあります。
http://www.jacp.net/perio/about/

歯周病が全身に与える影響

歯周病は、狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病との関連が指摘されています。歯周病の原因菌の刺激によって、動脈硬化を引き起こす物質ができるといわれています。動脈硬化は、心臓病や脳血管疾患、腎臓病など命に関わるような病気を発症する原因と考えられています。具体的にいうと、歯周病の人は歯周病がない人に比べると約2.8倍、脳梗塞を発症しやすいことがわかっています。

歯周病と糖尿病は、以前からお互いに悪影響を及ぼしていることが知られています。歯周病菌は腫れた歯肉から体の中に侵入し、血管内を移動して全身に回るといわれています。体の中に回った毒素は、炎症の原因となり、血糖値のコントロールも悪化させます。実際に、歯周病を合併した糖尿病の患者に抗菌薬を用いて歯周病の治療をすると、血液中の炎症を示す所見が改善するだけでなく、血糖値のコントロールも良くなることがわかっています。

メタボリックシンドロームにも歯周病が関連するといわれています。歯周病から放出される毒素や炎症性の物質が、脂肪細胞や肝臓に影響し、血糖値が上昇するのではないかと考えられています。

他には、歯周病に感染している妊婦は低出生体重児および早産になるリスクが高くなるといわれています。歯周病菌が血液中に入り、胎盤を介して胎児に直接感染するのではないかと考えられており、危険率は約7倍になることがわかっています。

このように歯周病は、歯の感染症に留まらず、血液中に入り込んだ細菌と炎症性の物質によって全身に悪影響を及ぼすことが明らかになっています。

歯周病は認知症の発症リスクを上昇させる

台湾の研究チームは、ヒトを対象とした研究で歯周病が認知症の発症リスクを上昇させることを2016年9月に「Journal of the American Geriatrics Society」誌に発表しました。

研究チームは65歳以上で歯周病がある3028名と歯周病のない3028名を比較し、認知症の発症リスクに差があるかどうか検討しました。歯周病は歯科医師によって診断され、抗菌薬の投与か1年間に2回以上歯石除去の処置をされているものとしました。研究チームは、研究参加者に対して10年以上にわたり、認知症の発症や死亡、または研究終了期間までの経過を追いました。

結果を見ると、歯周病があるグループの方が、ないグループに比べて認知症の発症リスクが高いことがわかりました。今回の研究から、歯周病により目を向けることで認知症の発症を予防できる可能性が示されました。
今までの報告で、歯周病はさまざまな病気の原因になることが明らかになっていますが、認知症に関しても同様の結果であることがわかりました。

<参考論文>
J Am Geriatr Soc. 2016 Sep 29. doi: 10.1111/jgs.14449. [Epub ahead of print] Periodontitis as a Modifiable Risk Factor for Dementia: A Nationwide Population-Based Cohort Study.
Lee YT, Lee HC, Hu CJ, Huang LK, Chao SP, Lin CP, Su EC, Lee YC, Chen CC.
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27685603)