認知症を発症しやすい性格とは?

大塚真紀

girl-in-the-woods-1968489_960_720
出典元:pixabay.com

うつ病や心臓病を発症しやすい性格があるといわれますが、認知症を発症しやすい性格はあるのでしょうか?「皮肉で」「嫉妬深い」人は要注意なようです。

病気になりやすい性格とは

うつ病や心臓病などを発症しやすい性格があることは以前から知られています。

例えば1996年に、世界的に有名な医学誌である「Lancet」誌にタイプDとよばれる性格をもつ人は、そうでない人に比べて心臓病を発症した後の5年間に死亡するリスクが4.1倍と高いことが報告されています。

タイプDの性格には、否定的な感情や考え方をしてしまう、他者からの非難を恐れて自分の感情をうまく表現できない、などの特徴があります。タイプDの「D」とはDistressedの頭文字のことであり、悲観的と訳します。

日本でも、タイプDの性格の人が病気を発症しやすいかどうかを検証した研究があります。研究チームは、2010年8月に岡山県内に居住する65歳以上の高齢者を対象に調査を行い、13929人のアンケート結果を分析しています。結果は、対象となった人の46.3%がタイプDの性格ということがわかりました。また、タイプDの性格をもつ人は、そうでない人に比べて精神的な悲しみや苦痛を訴えることが4-5倍、身体的不調を訴えることが2倍多いことが明らかになりました。

では、認知症を発症しやすい性格とはどのようなものなのでしょうか。

皮肉な人は認知症を発症しやすい

フィンランドの研究チームは、不信感が強く皮肉な性格の人は、認知症を発症するリスクが高いことを2014年5月に「Neurology」誌に発表しました。

研究チームは、平均年齢71歳の高齢者622名を対象に、認知症の有無を評価するテストと性格に関するアンケートを行いました。アンケートでは、8項目の質問を行い、そう思う(3点)、まあまあそう思う(2点)、あまりそう思わない(1点)、全くそう思わない(0点)の回答のスコアをまとめました。8項目は以下のようになります。

1, 出世のためにほとんどの人は嘘をつく。

2, ほとんどの人は恐れのために正直なだけだ。

3, ほとんどの人は利益を得るため、または優位に立つために不当な理由を使う。

4, 親切心には裏がある。

5, 誰も自分のことなんて気にかけてくれない。

6, 他人を信じない方が安全だ。

7, 友達を作る理由は、自分にとって有益だからだ。 

8, ほとんどの人は、心から他人を助けたいとは思っていない。

回答結果のスコアに基づいて不信感の強い皮肉な性格である度合いを低、中、高にわけました。スコアが0-9点を低、10-14点を中、15-24点を高としました。

観察期間は平均8.4年でした。観察期間中に46名が認知症と診断され、不信感の強い皮肉な性格である人はそうでない人に比べて認知症の発症率が3倍であることが明らかになりました。今まで、皮肉または悲観的などの性格が死亡率、心筋梗塞などの心疾患の発症率を上昇することは知られていましたが、認知症の発症率を上昇させることが明らかになったのは今回の研究が初めてです。

悲観的な性格は、体にストレスを引き起こし、結果として炎症の原因となりさまざまな病気を起こすのではないかと考えられています。今後、性格がどのように認知症の発症に影響するかどうかを検証する研究が行われることが期待されます。

嫉妬深い女性も認知症の発症リスクが高い

スウェーデンの研究チームは、嫉妬深い女性はアルツハイマー病を発症するリスクが高いことを2015年7月に「Neurology」誌に発表しました。

研究チームはスウェーデンに住む平均年齢46歳の女性800名を対象に、38年間にわたりアルツハイマー病の発症リスクを観察しました。対象者には性格検査を行い、観察期間中にアルツハイマー病を発症するかどうかを調査しました。

153名が認知症を発症し、そのうち104名がアルツハイマー病と診断されました。性格テストで、嫉妬、不機嫌、怒りや不安などを抱きやすい、内向的と判断された女性の約25%がアルツハイマー病を発症していました。一方で、嫉妬や不機嫌などの感情を抱きにくく外交的な女性におけるアルツハイマー病の発症率は13%でした。つまり、嫉妬深く、不安になりやすい女性はアルツハイマー病を発症しやすいことが明らかになりました。

今の性格が40年後のアルツハイマー病の発症に影響すると思うと怖い気がします。今後、性格を明るく前向きにするなどの介入が認知症やアルツハイマー病の発症を抑制できるかどうか検討する研究が行われることが期待されます。

<参考論文・参考資料>

1) Lancet. 1996 Feb 17;347(8999):417-21.

Personality as independent predictor of long-term mortality in patients with coronary heart disease.

Denollet J, Sys SU, Stroobant N, Rombouts H, Gillebert TC, Brutsaert DL.

2) PLoS One. 2013 Oct 17;8(10):e77918. doi: 10.1371/journal.pone.0077918. eCollection 2013.

Type D personality is associated with psychological distress and poor self-rated health among the elderly: a population-based study in Japan.

Kasai Y, Suzuki E, Iwase T, Doi H, Takao S.

3)Neurology. 2014 Jun 17;82(24):2205-12. doi: 10.1212/WNL.0000000000000528. Epub 2014 May 28.

Late-life cynical distrust, risk of incident dementia, and mortality in a population-based cohort.

Neuvonen E, Rusanen M, Solomon A, Ngandu T, Laatikainen T, Soininen H, Kivipelto M, Tolppanen AM.

4)Neurology. 2015 Jul 21;85(3):298-9. doi: 10.1212/WNL.0000000000001777.

Midlife personality and risk of Alzheimer disease and distress: A 38-year follow-up.

Caselli RJ, Coon EA, Johansson L.