認知症。最も親に患ってほしくなく、最もなりたくない病気。

nounow編集部

hospice-1797305_1920

先月発表されたEvery DHA推進委員会の調査によると「親に患ってほしくない病気」の1位が認知症との結果でした。なりたくない病気のアンケートでも認知症は1位によくなりますし、最も忌み嫌われている病気のようです。

親に患ってほしくない病気

「Every DHA推進委員会」は、全国40~69歳の男女112名を対象として、「DHA・EPAの認知度に関する調査」を実施しました。主に魚の脂成分に含まれ、認知症予防や生活習慣病予防などにも効果があるとされる「DHA・EPA」の認知度やその摂取状況、摂取意向、さらには「親に患ってほしくない病気」も調査しました。

その結果、親に患って欲しくない病気では、ガンを抑えて認知症が1位となりました。

また、認知症予防のために親に摂取させたい成分としては1位「DHA」、2位「EPA」という結果となりました。
 
■ 「DHA・EPAの認知度に関する調査」調査概要
調査期間  :2017年1月26日(木)~1月27日(金)
調査方法  :インターネット調査
調査対象  :全国40~69歳の男女
サンプル数 :n=112名
      全国の性年代の人口構成比に合わせて割付回収。
      ・40代:40名(約35.7%)
      ・50代:34名(約30.6%)
      ・60代:38名(約33.9%)

調査結果サマリー
◇親に患って欲しくない病気では、「ガン」を抑えて「認知症」が1位に!
◇親の認知症予防のために摂取させたい成分としては「DHA」が42.9%で圧倒的1位に
◇認知症チェックの結果、40代でも5%が「要診断」という結果に
◇6割以上の人が、認知症の予防を行いたいと回答
◇行いたい認知症予防法としては、「人と会話をする」「スポーツをする」「脳のトレーニング」
 「外出をする」「魚をよく食べる」が上位に

【Every DHA推進委員会調べ】

詳細はこちら:
Every DHA推進委員会プレスリリース

「親に患ってほしくない病気1位 認知症」は介護の負荷を考えると当然の結果と考えられますし、一人でも多くの人が認知症予防に取り組むべきと考えます。

一方で、そもそも認知症を理解し認知症患者との接し方を多くの人が学び、「認知症になっても安心して暮らせる社会」をつくっていく必要性も痛感させられます。

以前nounowでも紹介した「認知症サポーター制度」、その養成講座で紹介されていた「ユマニチュード」(フランス発の認知症ケアの方法)などをご参考までに。
初心者でもわかりやすい!認知症サポーター養成講座

なりたくない病気

英国で健康サービスや保険サービスを展開する「Saga」という企業が行った、50歳以上の男女500人を対象とした病気に関する意識調査によると、「最も罹りたくない病気」は認知症で、全体の70%の人が認知症と回答したとのことです。

また、2016年5月17日の「たけしの健康エンターテイメント みんなの家庭の医学 身体を老けさせない新事実とは」(テレビ朝日)では、番組が街でアンケートをとったところ、

「老化してなりたくない病気ランキング」

1位 … ボケたくない
2位 … 寝たきりになりたくない
3位 … 目・耳が悪くなりたくない
4位 … 骨折したくない

ここでも認知症が1位でした。

最も親に患ってほしくなく、最もなりたくない病気、認知症。

その認知症は2025年に700万人を越えて、一歩手前の軽度認知障害(MCI)も合わせると1300万人になると試算されています。人口の9人に1人、65歳以上の3人に1人が最も忌み嫌われている病気(とその予備軍)になってしまう時代がもうすぐ来るのです。

そして認知症はなってしまうと根本治療がないのが現状です。認知症予防こそ最大の社会課題の1つではないでしょうか?