エッセンシャルオイルの認知症症状緩和の可能性

工樂真澄

olive-oil-356102_1920

「植物から抽出されたエッセンシャルオイルが認知機能に与える効能」について以前nounow
で取り上げましたが、今回は同じ論文から、エッセンシャルオイルによる認知症の症状緩和の可能性についてご紹介します。

ショウガに含まれるジンゲロールに細胞死を防ぐ効果

植物から得た抽出物がどれくらい認知症の症状改善に効果があるかは、培養細胞を使った実験、または動物実験によって検証されています。

普段の食事で口にすることも多い「ショウガ」ですが、ショウガには「ジンゲロール」という辛味成分が含まれます。ジンゲロールは一般に、体を温める効果や、吐き気を抑える効果があると言われています。アルツハイマー病の患者さんに特徴的に見られるのが、「アミロイドβタンパク質」の蓄積です。このタンパク質が過剰になると、神経細胞の働きを妨げたり、細胞を破壊してしまったりして、結果として認知機能の低下に繋がるといわれています。培養細胞を使った実験から、ジンゲロールをあらかじめ細胞に加えておくと、アミロイドβタンパク質による「細胞死」を防ぐ効果があることがわかっています。

ハーブのエッセンシャルオイルがもつ抗酸化作用

近年ブームになった「コリアンダー」は、セリ科の一種で独特の香りがあります。「パクチー」とも呼ばれ、エスニック料理の食材として日本でも手に入りやすくなりました。コリアンダーのエッセンシャルオイルにも、認知機能に関わる様々な効果が見つかっています。認知症ネズミを使った行動実験では、コリアンダーのエッセンシャルオイルを吸引させると、不安や鬱からくる症状が和らぎ、人の認知症の症状にも似た行動が減ることがわかりました。また脳の「海馬」を調べたところ、抗酸化物質である「グルタチオン」の濃度が増えていることがわかりました。

活性酸素が「がん」や「高血圧」など、様々な疾患を引き起こすことはよくご存知かと思います。アルツハイマー病も例外ではありません。アミロイドβの蓄積によって炎症が起こるときにできる活性酸素が、神経細胞を壊すと考えられています。それ以外にも活性酸素は絶えず体内で作られるため、抗酸化作用のある食べ物を積極的にとって、常に活性酸素を取り除く必要があります。

活性酸素の除去に効果を示す植物は、コリアンダー以外にも見つかっています。その一つがラベンダーです。認知症ネズミにラベンダーオイルを吸引させると、抗酸化作用が増し、細胞死が減ることがわかっています。さらに体内の活性酸素を除去する働きをもつ「SOD」や「GPX」といった酵素を、活性化することも明らかになっています。ラベンダー以外にも、タイムやクローブ、シナモンやバジル、カモミール、クミンといったお馴染みのハーブ類から得たエッセンシャルオイルにも、抗酸化作用があることが報告されています。

補助的な使用など、臨床への応用に期待

今回ご紹介した実験は動物を使ったものがほとんどで、エッセンシャルオイルを人の臨床へ応用するには、まだまだ長い道のりがあります。心地よい香りを嗅ぐと気分が落ち着いたり、気分転換ができたりすることは、皆さんもよくご存じでしょう。今回ご紹介した植物から得られたエッセンシャルオイルは、一般的に安全であり、かつその効果は上記にお示しした通りです。今後は、認知症の症状を改善するために補助的に使うなどの、応用研究が期待されます。

今回ご紹介した論文
Neuroprotective and Anti-Aging Potentials of Essential Oils from Aromatic and Medicinal Plants.
Ayaz M et al. Front Aging Neurosci. 2017 May 30;9:168.