iPS細胞を使っての認知症薬の開発研究がスタート

nounow編集部

研究開発(イメージ)
出典元:pixabay.com

ノーベル賞受賞山中教授のiPS細胞。iPS細胞を活用した認知症薬の開発の試みがスタートしています。認知症を食い止める新薬開発の効率化が期待されます。

iPS細胞とは?

iPS細胞とは2006年に京都大学の山中伸弥教授の手によって世界で初めて作製された新しい多能性幹細胞です。

人間の皮膚などの体細胞に極少数の因子を導入し、培養することによって、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ多能性幹細胞に変化します。この細胞を「人工多能性幹細胞」と呼びます。
(引用)京都大学iPS細胞研究所 http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/faq2.html

このiPS細胞はその多分化能を利用して様々な細胞をつくりだします。必要な能力をもった細胞を移植し臓器内のネットワークを再形成したり内分泌を調整するなど、病気や怪我などによって失われてしまった機能を回復させる再生医療分野で重要な役割を果たすと期待されています。

また、患者の体細胞からiPS細胞を作り出し患部の細胞に分化させ、その患部の状態や機能を研究することによって、病気の原因を解明するということも進められています。

例えば、脳内にある神経細胞が変化して起こる病気は、外側からアクセスすることが難しく、また変化が進んでしまった細胞からは、正常な状態がどうであったかを推測することが難しいとされてきました。 iPS細胞を用いることで、こうした研究が飛躍的に進む可能性があります。
(引用)京都大学iPS細胞研究所 http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/faq2.html

nounowでフォーカスしている認知症は、新薬の研究が世界的に進められているもののまだその道筋はハッキリと見えていません。その原因の一つとして、脳に薬が届かないことが挙げられます。しかし、このiPS細胞が誕生したことで新たな研究の方策がみえてきました。それについて2016年3月に報道されています。

「認知症・花粉症薬 iPSで」関係する細胞作製 新薬候補絞り込み効率化

患者が増えているのに治すのが難しかった認知症やアレルギー治療薬をiPS細胞を使って開発する取り組みが始まっています。

脳を巡る血管で門番役を担う細胞が 脳に欠かせない成分は取り込み、不要な物質は通さない。飲み薬や注射で血管に有効成分を入れても、毒物と見なして脳へ浸透するのを阻む。体を守る安全システムの一つだが、新薬開発の大きな壁になっている。
国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所は、人のiPS細胞から門番役の細胞を新たに培養した。
(引用)日本経済新聞 総合2面 2016年3月15日朝刊

iPS細胞が誕生したことにより、どのような物質なら脳内へ薬を届けられるようになるかの研究ができるようになりました。まずはこの脳内の門番役になる培養したiPS細胞を調べる、とのことです。

認知症薬の市場規模、2022年に約2,420億円へ

認知症薬の市場規模が大きい(イメージ‘)
Photo by pixabay

認知症薬の市場規模は2013年段階で1,380億円であり、2022年では2,420億円(2013年比75.4%増)に大幅拡大すると見込まれています(富士経済調査)。日本の高齢者人口の増加に伴う認知症患者数増がその背景にあります。

また、認知症薬として1999年に発売されたコリンエステラーゼ阻害薬「アリセプト」(エーザイ)は2013年からジェネリック医薬品の切り替えが進んでおり、これも市場拡大の要因のひとつです。

新聞報道では、一般的に新薬開発には「約10億ドルの投資」と「平均15年程度の時間」が必要とされるものの、このiPS細胞によって世界が待ち望む認知症の進行を食い止める新薬の開発は、時間を短縮し費用も節約できるのではないかと締めくくっています。

待たれる認知症抑制の新薬の開発、引き続き注視していきましょう。