仕事は長く続けた方が認知症予防になる!?

大塚真紀

building-1080592_1920
出典元:pixabay.com

仕事と認知症発症リスクに関するいくつかの研究をご紹介します。日本はこれから労働力人口が減っていき、シニアの活躍が期待されますが、認知機能を維持するためにも引退時期は遅い方がよさそうです。

職種と認知症の関係とは

仕事と認知症に関する研究論文は、今までいくつか報告されています。

2016年7月にカナダのトロントで開催された国際アルツハイマー病会議で発表された報告によると、頭を使ったり、他人と関わりをもつような複雑な職業についている人はアルツハイマー病を予防できる可能性があるようです。

アルツハイマー病の発症予防になる職業の例として、弁護士、教師、エンジニア、ソーシャルワーカー、医師などが挙げられています。

一方で、肉体労働者やレジ係、機械のオペレーターなどはアルツハイマー病を発症する可能性が高くなると考えられています。

同じ会議で発表された別の報告によると、白質病変が起きづらい人は、人に関わる職業をしており、具体的にはスクールカウンセラー、精神分析医、牧師、ソーシャルワーカーなどが挙げられました。

反対に、人と関わることが少なく、データや物を扱うような職業についている人は、人と関わる仕事についている人に比べて白質病変が起きやすいと指摘されています。

白質病変とは、アルツハイマー病や認知機能低下と関連があるといわれている脳の病変のことで、血液のめぐりが悪くなっているために起こると考えられています。

両方の研究から、人と関わり、対話をしながら指導を求められるような仕事は脳への刺激が多く、認知機能の低下を予防できるのではないかと推測されています。
(nounow人と絡む仕事は認知機能を維持する

仕事の時に感じるストレスと認知症との関連

では、人に関わるような複雑な仕事を続けていれば認知症になりづらいのでしょうか。

職種は限定されていませんが、仕事で持続的にストレスを感じていると認知症のリスクになる可能性があるといわれています。持続的にストレスを感じると、体の中でストレスに対抗しようとするコルチゾールというホルモンが分泌され、記憶に関わる脳の海馬という部分を萎縮させると考えられています。海馬の萎縮は、認知症と関連があることが知られています。

nounowでも紹介しているように(仕事で常に時間に追われている人は認知症になりやすい)、働き盛りの50代の人において、仕事で常に時間に追われ、ストレスだと感じている人は、認知症を発症するリスクが高くなることがわかっています。

脳の刺激のために人と関わるような仕事をして、かつ時間に追われてストレスに感じない程度に仕事をするのが現時点ではよいようです。

仕事を早く引退すると認知症リスクが高くなる

フランスの研究チームは、仕事を早く引退した人は認知症を発症するリスクが高くなる可能性があることを2014年5月に「European journal of epidemiology」誌に発表しました。

今回の研究はフランスの元自営業者42万9803人を対象に、仕事を引退した時の年齢と認知症リスクについて検討しました。認知症と診断されている人は、2.65%でした。

認知症を発症するリスクは、仕事を引退した時の年齢が上がるほど減少することがわかりました。つまり、仕事をなるべく長く続けた方が認知症の発症を予防できる可能性があるということです。

今までの仕事と認知症に関する研究と同様に、本研究でも仕事を長く続けることによって認知機能に刺激が与えられるので認知症予防になるのではないかと考えられています。

研究グループは、研究結果次第で仕事を引退する年齢を引き上げた方が認知症予防のためによいかもしれないと結論付けています。

今回の研究は、約42万人を対象としている大規模な研究なので結果は信頼できるといえます。しかし、研究対象を元自営業の人に限っているので、今後、会社などに雇用されている人を対象にした研究が行われることが期待されます。

<参考論文・参考資料>
Eur J Epidemiol. 2014 May;29(5):353-61. doi:10.1007/s10654-014-9906-3. Epub 2014 May 4.
Older age at retirement is associated with decreased risk of dementia.
Dufouil C, Pereira E, Chêne G, Glymour MM, Alpérovitch A, Saubusse E, Risse-Fleury M, Heuls B, Salord JC, Brieu MA, Forette F.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24791704