楽器を演奏すると認知症予防になる

大塚真紀

saxophone-546303_960_720
出典元:pixabay.com

音楽と認知症の関係についてはこれまでもnounowでご紹介してきましたが、今回は音楽療法についての研究と、楽器演奏と認知症予防に関する研究内容についてご紹介します。

音楽療法とは

音楽療法は、音楽のもつ力によって、心と体の病気の回復や機能の維持改善、生活の質向上をはかる治療または教育のことをさします。対象となるのは児童から高齢者まで幅広く、対象となる病気の種類も発達障害や自閉症、認知症、がんなどさまざまです。

音楽療法は、学校で行われることもあれば病院などの医療施設、介護老人ホームでも行われています。具体的な音楽療法の手法としては、音楽を聴かせる「受動的音楽療法」と歌を歌ったり、音楽に合わせて体を動かしたり、楽器を演奏するような「能動的音楽療法」があります。

音楽療法を行う専門家として音楽療法士という資格があり、日本音楽療法学会によって認定されています。国家資格ではありませんが、医療や福祉などの施設で5年以上の臨床経験や講習会への参加が必要であり簡単に取得することはできません。

音楽療法は、高齢化による認知症の増加や精神的な疾患を抱える人の増加に伴い、今後より注目されると予想される治療法です。

音楽の認知症に対する効果

音楽療法には、ストレスや疲労、不眠の改善効果、血圧低下作用、心拍数を整える作用、集中力や免疫力を高める効果があるといわれています。

音楽療法による認知症やアルツハイマー病への効果は、今までいくつかの研究で報告されています。例えば、1998年にはアメリカの研究チームからアルツハイマー病の患者にモーツアルトのピアノソナタを聴かせたところ、記憶力検査の点数が上がったそうです。

2003年には、違うアメリカの研究チームからは、75歳以上の高齢者469名を対象にした研究において、楽器演奏やゲーム、読書、ダンスをよくする人は、そうでない人に比べて認知症の発症リスクが最大で76%も低くなったことが報告されています。

nounowでも、「音楽の力でアルツハイマー病の興奮症状が改善」、「歌うことで脳を活性化!アルツハイマー型認知症治療への効果とは?」、「運動は音楽と組み合わせるともっといい」など音楽による認知症への影響に関してはたびたび取り上げていることからわかるように、音楽には認知症への一定の効果を期待できそうです。

楽器の演奏は認知症予防になる

アメリカの研究チームは、157組の双子を研究対象にして楽器演奏が認知症予防になることを2014年12月に「International Journal of Alzheimer’s Disease」誌に発表しました。

双子を研究対象にした理由は、遺伝学的情報や子どもの時の成育環境が似ていることから、楽器演奏がどれくらい認知症の予防に効果があるか正確に判断できると考えたからです。つまり、楽器演奏以外の遺伝や生活歴などがなるべく似ている双子を対象にすれば、純粋な楽器演奏の影響を評価できるのではないかということです。楽器の演奏に関しては、質問票で調査しました。

結果は、双子のうちの一人が楽器を演奏するとしない人に比べて、認知症になる確率が64%も低くなることが明らかになりました。

楽器の演奏では両手を使うこと、演奏中は楽譜やリズムなどを考えること、などによって脳を広範囲に使い刺激となり、認知症を予防できたのではないかと考えられます。

今回の研究では、1週間または1日どれくらいの時間を楽器の演奏に費やせば認知症を予防できるかは明らかにできていません。今後、どれくらい楽器を演奏すれば認知症予防になるかどうか検討する研究が行われることが期待されます。

<参考論文>
http://www.jmta.jp/
http://www.k3.dion.ne.jp/~tamt/cure.html
1) Neurol Res. 1998 Dec;20(8):666-72.
Enhancement of spatial-temporal reasoning after a Mozart listening condition in Alzheimer’s disease: a case study.
Johnson JK, Cotman CW, Tasaki CS, Shaw GL.

2) N Engl J Med. 2003 Jun 19;348(25):2508-16.
Leisure activities and the risk of dementia in the elderly.
Verghese J, Lipton RB, Katz MJ, Hall CB, Derby CA, Kuslansky G, Ambrose AF, Sliwinski M, Buschke H.

3) Int J Alzheimers Dis. 2014;2014:836748. doi: 10.1155/2014/836748. Epub 2014 Dec 2.
Playing a Musical Instrument as a Protective Factor against Dementia and Cognitive Impairment: A Population-Based Twin Study.
Balbag MA, Pedersen NL, Gatz M.

4) Behav Neurol. 2015; 2015: 927274.
Published online 2015 Oct 12. doi: 10.1155/2015/927274
Music in the Brain: From Listening to Playing
Masayuki Satoh, Stefan Evers, Shinichi Furuya, and Kentaro Ono