アルツハイマー病にも効く!?万能すぎる嗜好品とは

大塚真紀

コーヒーがアルツハイマー病に効く(イメージ)
出典元:pixabay.com

コーヒーが酸化を防止したり、コレステロールを下げることや、心臓病や脳卒中による死亡リスクを低くすることなどはこれまで多々報告されてきました。では、アルツハイマー病についての予防効果は!?

コーヒーの成分と日本人の関係

コーヒーには良く知られているカフェインという成分とポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が多く含まれています。ポリフェノールとは、植物に由来する抗酸化物質のことです。酸化とは、動脈硬化や老化、がんの原因になることが知られています。コーヒーのクロロゲン酸のように、大豆のイソフラボン、緑茶のカテキン、赤ワインやブルーベリーに含まれるアントシアニンなどもポリフェノールの仲間です。

日本人というと緑茶をよく飲んでいる印象があるかもしれませんが、実は日本人のポリフェノール摂取量の多くは緑茶ではなく、コーヒーによることがわかっています。ネスレリサーチセンターが日本人8768人を対象に行った研究では、ポリフェノールをコーヒーから約50%、緑茶からは35%摂取していることが明らかになっています。コーヒー1杯にはポリフェノールが200mg、緑茶1杯には100mg含まれているので、コーヒーの方が1杯でより多く摂取できることも原因かもしれません。

歴史をさかのぼると、ロシアの侵入から国を守るために配備された津軽藩士たちを壊血病から救ったのがコーヒーであり、稚内市の宗谷公園には現在でもコーヒー豆の碑があります。コーヒーが支給される前は約7割の津軽藩士が死亡していたにもかかわらず、コーヒー豆が配られた後には死亡者がゼロになったそうです。

コーヒーがもたらす健康効果

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は、酸化を防ぐ作用により体の炎症を抑えたり、コレステロールを下げる効果があることがわかっています。他にも脂肪燃焼効果や肝臓を保護する効果も期待できます。コーヒーに含まれる成分の効果が近年注目され、人を対象としたさまざまな研究結果が明らかになっています。

例えば「コーヒーを1日3-4杯飲むと、心臓病や脳卒中による死亡リスクが低くなる」、「コーヒーを1日7杯飲む人は、1日2杯以下の人に比べて糖尿病の発症リスクが約50%下がる」などの研究結果が報告されています。

コーヒーが認知症やアルツハイマー病にもたらす効果に関する研究もいくつか行われています。コーヒー5杯分のカフェインを投与したマウスは、アルツハイマー病に特徴的である脳の異常タンパクの沈着が減少したそうです。人を対象とした研究では、コーヒーを1日3-4杯飲んでいると全く飲んでいない方に比べて認知症やアルツハイマー病の発症リスクが低下することがわかっています。

アルツハイマー病の予防にコーヒーが有効

中国の研究チームは認知症を今まで発表されたコーヒーと人の認知機能に関する論文11本のデータを再解析し、コーヒーがアルツハイマー病を予防することを2016年1月に「Nutrition」誌に発表しました。

コーヒーと認知機能に関する論文は多くあるものの、コーヒーの効果があった研究となかった研究が存在し、見解が統一されていません。今回の研究は、統計解析の手法で信頼性の高いメタ解析という方法を用いて今まで報告されている論文のデータを再解析し、コーヒーが本当に認知症やアルツハイマー病の予防に有効かどうかを明らかにする目的で行われました。

対象となった研究は、ヨーロッパからの報告が9本、日本を含むアジアからの報告が2本で、それぞれ認知機能の低下、認知症、アルツハイマー病、脳血管性認知症とコーヒー摂取量との関連についての結果を発表していました。経過観察期間が4年以下のものは4本で、4年より長いものは7本でした。

結果としては、コーヒーの摂取量が多い人は少ない人に比べてアルツハイマー病のリスクが27%減少することがわかりました。コーヒーの摂取量の目安ですが、1日2-5杯が適当と考えられました。多すぎると逆に認知機能の低下を引き起こすという報告もありました。

今回の研究は、すでに報告されている論文の結果を再解析し客観的に評価しているので信頼度が高く、コーヒー摂取がアルツハイマー病を予防する効果があるといえると考えられます。ただし、経過を見ている期間が4年以下と短いものも含まれているので、今後は長期間でより大規模な研究を行うことが期待されます。

(参考論文・参考資料)
J Agric Food Chem. 2009 Feb 25;57(4):1253-9.

Coffee and green tea as a large source of antioxidant polyphenols in the Japanese population.

Fukushima Y, Ohie T, Yonekawa Y, Yonemoto K, Aizawa H, Mori Y, Watanabe M, Takeuchi M, Hasegawa M, Taguchi C, Kondo K.

Nutrition. 2016 Jan 32(6):628-36.
Habitual coffee consumption and risk of cognitive decline/dementia: A systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies.
Liu QP1, Wu YF1, Cheng HY2, Xia T3, Ding H4, Wang H4, Wang ZM5, Xu Y6.