魚や卵をバランスよく食べると認知症予防になる可能性

大塚真紀

魚をバランスよく摂ると認知症によい(イメージ)
出典元:pixabay.com

体に必要な脂肪酸であるDHAとアラキドン酸。魚や卵に多く含まれるこの2つの成分が認知機能を改善させる可能性があるようです。

DHAとアラキドン酸とは

DHAは魚に多く含まれる成分で、「脳に良い」というようなキャッチコピーなどでサプリメントとしても販売されているので知っている方も多いかもしれません。一方でアラキドン酸はあまり聞いたことがないかもしれません。

DHAもアラキドン酸も、体に必要な脂肪酸であり多価不飽和脂肪酸ともよばれています。
主に、脳の細胞膜の形成、脳や神経の発育に必要といわれています。多価不飽和脂肪酸には、n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸があります。

n-3系脂肪酸には、食用調理油由来のα-リノレン酸、魚介類に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサペンタエン酸(DPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。DHAは特にいわしやさば、マグロに豊富に含まれています。

アラキドン酸はn-6系脂肪酸に含まれ、他にはリノール酸やリノレン酸などが知られています。アラキドン酸は主に肉や卵、魚に含まれていますが、体の中で合成できないので食べ物から摂取するしかありません。

DHAとアラキドン酸がもたらす健康効果

DHAは魚に含まれているので、今まで世界各国で魚の摂取量と心血管疾患やアルツハイマー病との関連について研究されてきました。結果としては、魚の摂取によってアルツハイマー病のリスクが低下することがわかっています。

魚にはDHAだけでなく、EPAも含まれており、これらのn-3系脂肪酸を一緒に摂取することによって、認知機能の悪化予防だけでなく血液中の中性脂肪の低下、不整脈の発生防止、血管内皮細胞の機能改善、血栓の生成防止作用、心不全による死亡率低下や心筋梗塞の発生率の減少、脳卒中再発予防、加齢性黄斑変性症の発症リスク減少になることが明らかになっています。

一方、アラキドン酸についてはDHAやEPAに比べて十分な研究が行われているとはいえませんが、老齢ラットを用いた研究ではアラキドン酸を与えると学習、記憶機能、空間認知機能が向上したことが確認されています。また、乳児において精神運動発達、視機能の向上に関わることがわかっているため、欧米では乳児用の調整乳にDHAとアラキドン酸が添加されています。また、軽度認知症の患者においてもDHAとアラキドン酸の両方を摂取すると認知機能の改善を認めたそうです。

ただし、DHAとアラキドン酸の投与に認知症予防効果があるか確認するためにはより多い人数を対象とした研究を行う必要があります。

認知症の予防にDHAとアラキドン酸が有効

日本の研究チームはアルツハイマー病のモデルマウスを使用し、DHAまたはアラキドン酸を摂取すると可溶性アミロイドを減少させ、認知機能の改善になる可能性があることを2015年に「Journal of Alzheimer’s Disease」誌に発表しました。

認知症の多くはアミロイドβとタウタンパク質の蓄積によって、脳神経細胞が死滅することが原因と考えられています。最近では、アミロイドβの中で特にアミロイドβ42が脳内に蓄積し、脳の神経を傷つけて認知症を引き起こすのではないかという説があります。今回の研究では、アミロイドβ42に着目しています。

アルツハイマー病モデルマウスに、DHAまたはアラキドン酸を4か月間に渡って与え、14か月目で脳内にどのような変化が起きているか確認しました。14か月目に脳の神経を調べたところ、DHAまたはアラキドン酸を与えられたマウスにおいてアミロイドβ42の割合が減少していることがわかりました。つまり、DHAまたはアラキドン酸を摂取すると認知症の予防になる可能性が示されました。

しかし、過度な摂取はよくないといわれているので、卵や魚などを含むバランスの良い食事によってDHAとアラキドン酸を摂るように心がけることが大切です。

今回の研究では、DHAまたはアラキドン酸が脳にとって有害とされるアミロイドβ42を減少させる可能性を明らかにし、改めてDHAやアラキドン酸による認知機能改善効果を確認しました。しかし、今回の研究はマウスに対して行われており、今後ヒトを対象に大規模な研究が行われることが期待されます。

<参考論文・参考資料>
J Alzheimers Dis. 2015;48(1):149-62.
Arachidonic or Docosahexaenoic Acid Diet Prevents Memory Impairment in Tg2576 Mice.
Hosono T, Mouri A, Nishitsuji K, Jung CG, Kontani M, Tokuda H, Kawashima H, Shibata H, Suzuki T, Nabehsima T, Michikawa M.