カリウムがアルツハイマー病を予防する

大塚真紀

カリウムを多く含む海藻(イメージ)
出典元:pixabay.com

日本人の昔ながらの食事に多く含まれるカリウムがアルツハイマー病の予防に有効だということがわかりました。これを機に食生活を見直してみるのもよさそうです。

カリウムとは

カリウムは切り干し大根やかんぴょう、きな粉、レーズン、乾燥わかめなど、乾燥した野菜、果物、海藻類などに多く含まれています。

以前は、日本人が通常の食事を摂っていれば十分なカリウムを摂取できていると考えられていましたが、近年の食生活の欧米化などの変化に伴いカリウムの摂取量が減ってきています。

カリウムは、高血圧や脳卒中などの予防効果があるといわれているため厚生労働省は「生活習慣病の予防のためにカリウムを摂取すべき」と推奨しています。

カリウムの摂取量の目安は、成人男性で2500mg、成人女性で2000mgです。高血圧の予防目的の場合には、3500mgを目安に摂取するとよいといわれています。

ただし、腎臓の機能が低下している場合にはカリウムが尿として排出されないため、体の中に過剰にカリウムが蓄積し、不整脈や心停止を起こすことがあります。腎臓病と診断されている方や透析中の方は摂取量の目安が異なるので注意が必要です。

カリウムは70-90%が尿から排出され、残りは便や汗から排出されます。そのため、尿を出しやすくする薬を飲んでいる場合や頻回に下痢をしている時、また汗をたくさんかく夏などにはカリウム不足になる可能性があります。

カリウムは熱に弱いので、ドライフルーツや、サプリメントなどで摂取するとよいです。熱を加える時には、スープごと飲めるような料理の方がカリウムを摂取しやすいといわれています。

カリウムの健康効果

カリウムは食塩などに含まれるナトリウムと拮抗して存在します。例えば、体の中に過剰にナトリウムが増えると、カリウムがはたらいてナトリウムを体の外へ出そうとします。

食塩の過剰摂取は、高血圧や脳卒中を引き起こすことがわかっています。そのためカリウムを適量摂取すればナトリウムが体の外へ排出されるという理由から、カリウムに高血圧や脳卒中の予防効果があるといわれています。

実際にヒトを対象とした研究で、カリウムを十分に含んだ料理を食べている人は高血圧と脳卒中のリスクが低下したことが明らかになっています。

ナトリウムは、むくみの原因になるといわれています。そのため、カリウムのナトリウムと拮抗する効果により、体の外へナトリウムを排出させるのでむくみをとるといわれています。他にも慢性関節リウマチの患者さんを対象とした研究で、カリウムを摂取すると関節痛の予防効果があったことがわかっています。

アルツハイマー病の予防にカリウムが有効

チリの研究チームはマウスを使用した研究で、アルツハイマー病の予防にカリウム摂取が有効であることを2015年12月に「Biochimica et Biophysica Acta」誌に発表しました。

今までの研究でカリウム摂取が高血圧予防に効果があることや高血圧がアルツハイマー病のリスクになることはわかっていますが、カリウム摂取が認知機能を改善するかどうかは明らかになっていませんでした。

研究チームは、アルツハイマーモデルのマウスを2つのグループにわけました。カリウムを含む水を与えるグループと何も含まない水を与えるグループです。8週間後に、認知機能や脳の組織変化、炎症や酸化ストレスの数値の変化を解析しました。アルツハイマー病では、アミロイドの沈着、炎症や酸化ストレスの数値の上昇が見られることがわかっています。

8週間後に2つのグループを比較したところ、カリウムを与えたグループのマウスにおいて、認知機能の改善、脳のアミロイド沈着の改善を認めました。また、炎症や酸化ストレスの数値も改善することが明らかになりました。

今回の結果から、カリウムの摂取がアルツハイマー病の予防になることがわかりました。研究ではマウスが対象となっているため、今後ヒトを対象とした大規模な研究が行われることが期待されます。

<参考論文・参考資料>
Am J Hypertens. 2001 Jun;14(6 Pt 2):206S-212S.
Are low intakes of calcium and potassium important causes of cardiovascular disease?
McCarron DA, Reusser ME.
(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11411758)

Biochim Biophys Acta. 2015 Dec;1852(12):2630-44. doi: 10.1016/j.bbadis.2015.09.009. Epub 2015 Sep 21.
The increased potassium intake improves cognitive performance and attenuates histopathological markers in a model of Alzheimer’s disease.
Cisternas P, Lindsay CB, Salazar P, Silva-Alvarez C, Retamales RM, Serrano FG, Vio CP, Inestrosa NC.
(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26391254)