ビタミンEはアルツハイマー病の進行を抑える

大塚真紀

pumpkin-1683641_1920
出典元:pixabay.com

ビタミンの中でも特に強い抗酸化作用のあるビタミンEがアルツハイマー病の予防に効果があることは知られていますが、今回紹介する論文ではビタミンEにはアルツハイマー病の進行を抑える効果があるということが発表されました。

ビタミンEとは

ビタミンEは、強い抗酸化作用のあるビタミンとして知られており、認知症や生活習慣病の予防効果が期待されています。ビタミンEの効果は、他のビタミンと共に摂るとより効果を期待できることが知られています。ビタミンCも同じく抗酸化作用があるビタミンとして注目されていますが、ビタミンEと一緒に摂ることによって相乗効果を期待できます。ビタミンAは、ビタミンEの効果を長続きさせるといわれています。

ビタミンEは植物油や種実などに多く含まれています。具体的には、ナッツ類、かぼちゃ、うなぎ、ひまわり油、小麦胚芽、卵などです。ビタミンEは脂溶性ビタミンに分類されるので、水洗いや煮ることで失われません。食事から摂取することが一番ですが、サプリメントとしても販売されています。

ビタミンEの健康効果

ビタミンEが初めて発見された時には、不妊を防ぐ栄養素として認識されていました。その後、研究が進むことによって強い抗酸化作用があるビタミンであることがわかり、老化や生活習慣の予防、血流の改善効果などが明らかになりました。

酸化とは、体の中に過剰な活性酸素が発生することにより細胞に悪影響を与える現象のことで、アルツハイマー病や心臓病、動脈硬化などの原因と考えられています。そのため、強い抗酸化作用のあるビタミンEはアルツハイマー病の予防や治療、老化の抑制に効果があるといわれています。

実際にアメリカで行われた研究によると、65歳以上の4740人を対象にしてビタミンEとビタミンCのサプリメントを摂取した効果をみたところ、摂取していない方に比べてアルツハイマー病のリスクが約80%減少することが明らかになっています。(http://jamanetwork.com/journals/jamaneurology/fullarticle/785249)
他にも、神経の保護作用(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8526244)や白内障の発症予防効果(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18195226)などが報告されています。

ビタミンEはアルツハイマー病の進行を抑える

アメリカの研究チームは軽度から中等度のアルツハイマー病のヒトを対象にした研究で、アルツハイマー病の進行抑制にビタミンE摂取が有効な可能性があることを2014年1月に「JAMA」誌に発表しました。

ビタミンEは、ビタミンの中でも強い抗酸化作用があることが知られており、以前からアルツハイマー病や認知症に対する予防効果、治療効果が報告されてきました。今回は軽度から中等度のアルツハイマー病の方に限定して、ビタミンEの効果を見ています。

対象となったのは613名で、ビタミンE 2000IU/日を摂取するグループ、アルツハイマー病に対する治療薬であるメマンチン20mg/日を内服するグループ、ビタミンEとメマンチンを併用するグループ、プラセボ(何も含まれていない偽物の薬)を内服するグループにわけられました。研究の観察期間は、平均2.27年でした。メマンチンは、当初アメリカやヨーロッパで承認されていた内服薬ですが、現在は日本でも処方されています。しかし、アルツハイマー病の進行抑制に関しては全員に効果が期待できるものではないようです。

結果は驚くべきことに、ビタミンEを単独で投与したグループにおいて、アルツハイマー病の進行が最も抑えられたことが明らかになりました。また、介護者が患者のケアに費やした時間もビタミンE投与群で最も短いことがわかり、介護者の負担が減ると考えられました。

今回の研究は、対象者を4つのグループに分け、その効果を比較しているので信頼できるデータと考えられます。しかし、観察期間が約2年間と短いため今後長期にわたるビタミンEの効果を検証することが期待されます。

ビタミンEは、認知機能障害のない高齢者においてアルツハイマー病の予防効果があることがわかっていましたが、軽度から中等度のアルツハイマー病の進行に対しても効果がある可能性が今回の研究で示されました。

<参考論文>
JAMA. 2014 Jan 1;311(1):33-44. doi: 10.1001/jama.2013.282834.
Effect of vitamin E and memantine on functional decline in Alzheimer disease: the TEAM-AD VA cooperative randomized trial.
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24381967)