高カカオチョコレートが脳の健康に有効である可能性

nounow編集部

chocolates-1433502_960_720
出典元:pixabay.com

最近チョコレート売り場で目立つ「高カカオチョコレート」。株式会社明治が共同研究で行った高カカオチョコレートの脳健康効果解明に関する取り組みを2つご紹介します。

高カカオチョコレートは大脳皮質の量を増やす?

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)山川プログラムと共同で行った「チョコレートによる脳の健康効果解明への取り組み」について、「オープンサイエンス中間報告会」を1月18日に行いました。

45~68歳の男女それぞれ15人ずつに、カカオ分70%以上の高カカオチョコレートを4週間摂取してもらい、その前後の「大脳皮質の量」「神経線維の質」を測定・評価しました。
(なおこの指標は ImPACT山川プログラムが提案する、脳の健康度をはかる国際指標になります)

結果、高カカオチョコレート摂取前に比べて摂取後の方が、GM-BHQ(Gray Matter-BHQ 大脳皮質の量)が有意に増加しました。(摂取前の平均値が94.7ポイントに対し4週間摂取後には95.8ポイントに増加)

中間報告会では、高カカオチョコレートが、大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める可能性があることを確認したとしています。(なお実験デザインが単群前後比較試験であることには留意すべきでしょう)

引用:株式会社明治プレスリリース 内閣府ImPACT山川プログラムと明治による共同研究 日本初の試み!高カカオチョコレートの継続摂取による 脳の若返り効果の可能性に道筋 ~開かれた科学を通じたチョコレートによる脳の健康効果解明へ~

注意:尚、以後この研究については科学的な裏付けが不十分なまま成果を公表した(上述の通り対象群をもうけない単群前後比較試験で行った)と指摘されており、内閣府の有識者会議が検証を始めています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18HBD_Y7A510C1CR8000/

高カカオチョコレートはBDNFを増加させる?

同じく株式会社明治は 平成26年に日本人を対象としたチョコレートを用いた初の大規模調査も行っています。

この研究は愛知県蒲郡市、愛知学院大学、株式会社明治の産官学の共同で行われました。
蒲郡市内外の45~69歳までの男性123人、女性224人に、4週間、カカオ分72%の高カカオチョコレートを毎日一定量(1日5gを5枚、約150 kcal)摂取してもらい、摂取前後の身体の状態の変化を計測・検証しました。

結果、高カカオチョコレートの摂取前後で BDNF(脳由来神経栄養因子)が有意に増加しました。(この研究も実験デザインが単群前後比較試験であることには留意すべきでしょう)

BDNFは脳由来神経栄養因子と呼ばれるタンパク質の一種で、記憶を司る海馬に多く含まれ、神経新生を促進したり、神経のネットワークを強くし、記憶や学習などの認知機能を促進させる役割があるとされています。

愛知学院大学 心身科学部 教授 大澤俊彦氏は

今回の大規模調査では、最終分析の結果、チョコレートの摂取によって、このBDNFが増加することが確認されました。チョコレートで確認されたのは初めてのことであり、しかも、このような身近な食べものでBDNFが上昇することがわかったのは、高ストレス社会あるいは超高齢社会にあって非常に画期的なことです。

と述べています。

上記研究からは、高カカオチョコレートは大脳皮質の量を増やしたり、BDNFを増加させ、認知機能に好影響を与える可能性があるようですが、今後よりエビデンスレベルの高い、大規模な研究が期待されます。

引用:株式会社明治 みんなの健康チョコライフ チョコレート摂取による 健康効果に関する実証研究

高カカオチョコレートは適量を守る

一方でカカオは 脂質が多くカロリーも高く、食べ過ぎには気をつける必要があります。

またカカオには利尿作用や興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが含まれ、これら成分によりアレルギーを起こす人もいることには注意すべきでしょう。

少し古いですが平成20年に独立行政法人国民生活センターが調査したレポートが参考になります。

この調査ではカカオ分70%以上のチョコレート12銘柄を対象とし、脂質・エネルギー・テオブロミン・カフェインなどの量を計測しており、結果普通のチョコレートと比較して1.2倍〜1.5倍の脂質、4倍のテオブロミンやカフェインを含む商品もあったとのことです。

消費者へのアドバイスとして、高カカオチョコレートは脂質が多く、摂りすぎには注意すべきであること、テオブロミンやカフェインなど生理作用のある物質も多く含まれるため、これら成分に敏感だったりテオフィリンなどの医薬品を使用している人は注意が必要としています。

高カカオチョコレートは適量を守って楽しみましょう。

引用:独立行政法人国民生活センター「高カカオをうたったチョコレート」 
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0114-10j.pdf