毎日5杯の緑茶が認知症を予防する

大塚真紀

tee-1887042_1920

緑茶と認知症の関連についてはこれまでもnounowでご紹介してきましたが、今回は緑茶の認知症予防効果やその他の健康効果を発表したいくつかの論文内容についてご紹介します。

緑茶の成分と効能

日本人にとって緑茶はなじみ深い飲み物です。スーパーやコンビニなどではさまざまなタイプの緑茶の飲み物が手に入りますし、自宅やレストランでも緑茶を飲む方が多いのではないでしょうか。

緑茶には、健康に良いといわれる成分が多く含まれています。例えばカテキンには、抗酸化作用、血糖上昇抑制作用、抗菌作用、抗がん作用などがあるといわれています。緑茶には他にも、カフェイン、テアニン、ビタミン、食物繊維、ミネラルなどが含まれます。カフェインは、眠気を覚ます覚醒作用がよく知られていますが、代謝を促進する効果もあります。テアニンには、体をリラックスさせて、血圧を低下させる作用があるといわれています。ビタミンやミネラルには、免疫機能の改善やストレス解消、風邪やシミ、虫歯などの予防効果があります。

緑茶の健康効果

緑茶にはさまざまな効能があることがわかっていますが、具体的にどのような研究が行われているか紹介します。

2013年にイランの研究チームは、高血圧を合併している糖尿病患者が4週間、毎日3杯の緑茶やハイビスカスティーを飲むと血圧の低下を期待できると報告しています。また、緑茶が女性のウェストヒップ比の上昇を抑えることや1日4杯の緑茶が糖尿病患者の体重を低下させることが明らかになっています。

緑茶には数種類のがんのリスクを低下させる可能性があるといわれています。日本の研究チームは2015年に、緑茶が胆道がんにおいてもリスクを減少させる傾向にあると報告しました。また、緑茶によって心疾患や呼吸器疾患、脳血管疾患などの死亡率が低下するかどうか解析した日本の研究もあります。2015年に発表されたその報告によると、緑茶を飲んでいると男女両方において心疾患による死亡率が減少することが分かりました。男性においては、脳血管疾患と呼吸器疾患による死亡率が低下することが明らかになりました。

緑茶をよく飲む人は認知症になりにくい

緑茶には抗酸化作用があるので、認知症の予防効果も期待できます。酸化とは、体の中に過剰に発生した活性酸素によって起きる体の老化現象です。酸化は動脈硬化や肥満、がん、認知症などと関係があるといわれています。

日本の研究チームは、緑茶の摂取量と認知症の発症が関係するかどうか明らかにするために解析を行いました。そして、2016年10月に1日5杯以上の緑茶を飲むと認知症発症を予防できる可能性があることを「The American journal of geriatric psychiatry」誌に報告しました。

研究チームは、65歳以上の日本人高齢者13645人を対象に毎日の緑茶摂取量を質問票で調べました。認知症の発症に関する情報は、公的介護保険データから取得しました。
観察期間は5.7年で、対象者のうち認知症を発症した割合は8.7%でした。1日の緑茶摂取量が1杯未満の人に比べて、1日5杯以上摂取している人は認知症発症リスクが低下することが明らかになりました。今回の研究結果から、緑茶の摂取量が多いと認知症の発症を予防できる可能性があることがわかりました。

日本人になじみ深い緑茶には、ダイエット効果や血圧低下作用、抗がん作用だけでなく認知症予防に有効な可能性もあるようです。今回の研究結果では、1日5杯以上の緑茶となっていますが、無理のない範囲で緑茶を飲むように心がけると健康に良さそうです。

<参照サイト・参考論文>
1) J Diet Suppl. 2013 Jun;10(2):105-15. doi: 10.3109/19390211.2013.790333.
The effect of green tea and sour tea on blood pressure of patients with type 2 diabetes: a randomized clinical trial.
Mozaffari-Khosravi H, Ahadi Z, Barzegar K.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23725524
2) Biomed Res Int. 2013; 2013: 412379.
Published online 2013 Sep 12. doi: 10.1155/2013/412379
Effectiveness of Green Tea in a Randomized Human Cohort: Relevance to Diabetes and Its Complications
Naushad Ali Toolsee, Okezie I. Aruoma, Teeluck K. Gunness, Sudhir Kowlessur, Venkatesh Dambala, Fatima Murad, Kreshna Googoolye, Diana Daus, Joseph Indelicato, Philippe Rondeau, Emmanuel Bourdon, and Theeshan Bahorun
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3786468/
3) J Res Med Sci. 2013 Dec;18(12):1080-6.
The effects of green tea consumption on metabolic and anthropometric indices in patients with Type 2 diabetes.
Mousavi A, Vafa M, Neyestani T, Khamseh M, Hoseini F.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24523800
4) Cancer Sci. 2016 Jan;107(1):76-83. doi: 10.1111/cas.12843.
Association between green tea/coffee consumption and biliary tract cancer: A population-based cohort study in Japan.
Makiuchi T, Sobue T, Kitamura T, Ishihara J, Sawada N, Iwasaki M, Sasazuki S, Yamaji T, Shimazu T, Tsugane S.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26530716
5) Am J Geriatr Psychiatry. 2016 Oct;24(10):881-9. doi: 10.1016/j.jagp.2016.07.009. Epub 2016 Jul 18.
Green Tea Consumption and the Risk of Incident Dementia in Elderly Japanese: The Ohsaki Cohort 2006 Study.
Tomata Y, Sugiyama K, Kaiho Y, Honkura K, Watanabe T, Zhang S, Sugawara Y, Tsuji I.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27594507