認知症予防にカマンベールチーズが有効!?

大塚真紀

認知症予防に有効とされるカマンベールチーズ(イメージ)

昨年、カマンベールチーズが認知症に対して予防効果があるというマウス対象の研究結果が発表されました。有効な2つの成分も特定できており、人を対象としたさらなる研究の進展が期待されます。

食事と認知症予防

これまで認知症に良い食事や悪い食事について、様々な研究で議論されてきました。例えば日本の久山町研究では、豆類や海草類、乳製品、発酵食品などを多く摂っている人の方が認知症を発症しにくいと報告しています。

しかし、これらの結果からはどの成分が認知症に効果があるのか、本当に認知症を予防できているのかは分かりませんでした。そこで、2015年に発表された研究はキリン株式会社、小岩井乳業株式会社、東京大学大学院農学生命科学研究科が協力し、発酵食品であるチーズが認知症に対して予防効果があるかどうか検証するために行われました。研究はアルツハイマー型認知症を発症させたマウスを使い、エサにチーズを凍結乾燥し、粉末状にしたものを混ぜて毎日与えました。

カマンベールチーズが認知症に有効

アルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβやタウと呼ばれる老廃物が蓄積することによって発症することが分かってきています。そして、アミロイドβが蓄積すると記憶や認知機能をつかさどる神経細胞を壊していきます。

脳の中にはミクログリア細胞と呼ばれるお掃除細胞があり、脳内の老廃物を取り除く役目があります。しかしミクログリアは老廃物を食べすぎると炎症を起こし、その活動性が落ちると考えられています。

研究チームは10種類以上のチーズを試して、ミクログリアの過剰な炎症を抑える効果について比較しました。その中でも白カビや青カビなどによって発酵されたチーズが、他のチーズに比べてよりミクログリアの過剰な炎症を抑えることが分かりました。その結果としてアミロイドβなどの老廃物が脳へ沈着することを抑制し、アルツハイマー型認知症の予防となる可能性を発見しました。

さらに、有効成分はオレイン酸アミドとデヒドロエルゴステロールであることも突き止めました。

今回の研究は、発酵食品であるチーズに含まれる認知症予防に有効な2つの成分を特定し、効果も示すことができた世界で初めての成果です。

人対象のさらなる研究に期待

認知症予防に効果のあるチーズの原料をうむ乳牛(イメージ)
Photo by pixabay

これまでも発酵乳製品が認知機能維持に有効と疫学的な報告はされていました。今回の研究の意義は、乳製品や発酵食品といった漠然としたものではなくカマンベールチーズに含まれる有効成分を特定し、対象はマウスですが実際に認知症の予防効果を確認できたことです。

マウス対象の結果であり現段階で即「カマンベールチーズを毎日食べましょう」とはなりませんが、具体的な機序の解明、人の認知機能への効果検証などさらなる研究の進展に期待しましょう。

(参考論文)
Preventive effects of a fermented dairy product against Alzheimer’s disease and identification of a novel oleamide with enhanced microglial phagocytosis and anti-inflammatory activity.
Yasuhisa Ano, Makiko Ozawa, Toshiko Kutsukake, Shinya Sugiyama, Kazuyuki Uchida, Aruto Yoshida, and Hiroyuki Nakayama
Identification of a novel dehydroergosterol enhancing microglial anti-inflammatory activity in a dairy product fermented with Penicillium candidum.
Yasuhisa Ano, Toshiko Kutsukake, Ayaka Hoshi, Aruto Yoshida, and Hiroyuki Nakayama

Top Photo by pixabay