なぜ第一印象が大切なのか〜脳科学的視点から

佐藤洋平

girl-102829_1920
出典元:pixabay.com

ニューロフィードバックの技術を用いて、最初に学んだことと逆方向の学習が成り立つのかを研究した論文をご紹介します。

ニューロフィードバックによる研究

第一印象が大事というのはよく言われる話なのですが、これはどういった学術的な裏付けがあるのでしょうか。
日常生活で考えても、最初の印象というのはなかなか変えがたいもののような気がするのですが、これは脳科学的にどのように実証することができるのでしょうか。

今回取り上げる論文はニューロフィードバック手法を用いてこの現象について調べたものです。

この研究で用いられているニューロフィードバック手法はDecNefと呼ばれているもので

①ある認知活動に特有な脳活動パターンを機能的MRIを使った機械学習で抽出する
②リアルタイムで被験者の脳活動を測定し、被験者がその脳活動パターンをうまく出せたら報酬をあげるという報酬学習を行う.
③その結果,被験者の脳はその認知活動特有の脳活動パターンを生み出しやすくなり,認知傾向や行動が変わってくる

というものです。

この研究ではある画像を見た時の「確信感」が高まるように(あるいは低くなるように)ニューロフィードバック学習をかけ、
その後、逆の方向の学習(確信感が高まる→低くなる/確信感が低くなる→高くなる)が成り立つのか、また成り立つとしたらどのような傾向があるのかについて調べています。

結果を述べると

①ニューロフィードバックによって確信感を高めることも低くすることもできたが,高くするほうが容易であった
②一度高めた確信感を低くすることも、一度低くした確信感を高くすることもできたが、その程度は少なく、最初の学習効果が2回めの学習効果への干渉効果がみられた(1回目の学習効果によって2回めの学習が邪魔されやすかった)

ということが述べられています。

最初の学習が2回めの学習に干渉して、認知的な修正が効きづらいということは心理学分野で実証されていたのですが、実際に学習に関わる脳活動にダイレクトにアプローチして同様の結果を出した研究は初めてのようで
このようなことからDecNefを用いたニューロフィードバック手法では、一度学習したことの修正が効きづらいということもあり、慎重に行ったほうが良いのではないかということも述べられています。

第一印象に限らず、学習というのはなかなかに怖いものだなと思いました。

Neuroimage. 2017 Apr 1;149:323-337. doi: 10.1016/j.neuroimage.2017.01.069. Epub 2017 Feb 3.
Decoded fMRI neurofeedback can induce bidirectional confidence changes within single participants.
Cortese A1, Amano K2, Koizumi A3, Lau H4, Kawato M5.
Author information

コンテンツ提供:脳科学リハビリテーション