東北大・日立ハイテクノロジーズ等が共同で脳科学の産業応用の会社設立

nounow編集部

brain-2139197_1920

東北大・日立ハイテクノロジーズ等が脳科学の産業応用の新会社設立を発表しました。個人の脳活動を測定しながらの脳トレ開発などを推進していくとのことです。またあの川島教授がCTOとなることも注目されます。

東北大・日立ハイテクノロジーズ等が設立

昨日、国立大学法人東北大学、株式会社日立ハイテクノロジーズ、株式会社NSD、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社、及び七十七キャピタル株式会社が、平成29年8月1日に、脳科学の産業応用事業を行う新会社「株式会社NeU(ニュー)」を設立することを発表しました。

東北大学は、加齢医学研究所 川島隆太教授の研究成果をNeUにて事業展開し、

株式会社日立ハイテクノロジーズは、脳トレーニングジム「ブレインフィットネス®」でも活用している、微弱な近赤外光を使って前額部2点で簡単に脳活動を計測できるヘッドセット(HOT1000)の開発など、これまで展開していた脳関連事業をNeU社に承継、

株式会社NSDは、脳活動計測データと他のヒューマンセンシングデータや生活データを一元管理するプラットフォーム構築、NSDが展開する医療IT サービスを活用することにより、NeUのソリューション展開を行ないます。

また、文部科学省と経済産業省の認定認可のもと、東北大の100%出資子会社として設立された投資会社、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社が運営するTHVP-1号投資事業有限責任組合、七十七銀行グループの投資ファンド運営会社である七十七キャピタルが出資します。

設立背景

世界的な高齢化における健康寿命の延伸、メンタルヘルスの維持・向上などのためには脳の状態を知ることが今後ますます重要視されます。

東北大の認知脳科学の知見と、日立ハイテクノロジーズが開発した日常生活の中で簡単に脳血流量変化が計測できる携帯型脳活動計測技術を軸に、脳活動を可視化することにより個人に合った認知トレーニングを提供するなど新たなソリューション開発を推進していくとのことです。

また将来的には、脳活動計測データと他のヒューマンセンシングデータや生活データを一元管理するプラットフォームを開発し、さまざまなパートナー企業との連携を図りながら脳科学を活用してQuality of Life(クオリティオブライフ)向上に貢献していくとしています。

http://www.hitachi-hightech.com/jp/about/news/2017/nr20170720.html

川島隆太教授がCTOに

また任天堂「脳トレ」の開発監修者であり、まさに「脳トレの元祖」ともいうべき東北大学加齢医学研究所、川島隆太教授がCTOに就任することも非常に注目されます。

米国では神経科学の大学教授が脳関連のベンチャーを続々と立ち上げています。著名な川島教授がCTOとして参画することで今後日本でもこうした動きが活発化するかもしれません。

世界に比べて周回遅れと言われる日本の脳科学の産業応用。NeU社が起爆剤になることが期待されます。