脳トレーニングジム・ブレインフィットネス®︎、「ニューロトラッカー」をトレーニングに導入(PR)

nounow編集部

173A9701

脳トレーニングジム・ブレインフィットネス®は、知覚認知能力や周辺視野能力を鍛える脳トレシステム「ニューロトラッカー」を会員向けのトレーニングに導入することを発表しました。

ニューロトラッカーとは

株式会社イノベイジが運営する脳トレーニングジム「ブレインフィットネス®」は、6月よりトレーニングメニューにCogniSens社の「ニューロトラッカー」を導入いたします。

ニューロトラッカーは、カナダ モントリオール大学の20年以上にわたる研究により開発された脳トレシステムです。3D画面上に表示される複数の球体を目で追跡することで、知覚認知能力や周辺視野能力、記憶力、注意力、集中力などの認知機能を鍛えるといわれています。

視野や注意力を鍛えることは日常生活における様々なリスク回避につながる可能性があり、ブレインフィットネス®では今回、株式会社国際情報リサーチ研究所の協力を得て、ニューロトラッカーをトレーニングメニューに導入することにいたしました。

トレーニング内容

画面上に表示された自由に動き回る複数の球体の中から、指示されたいくつかの球体を追跡し、回答します。球体が動くスピードは正解数に応じて人口知能が調整していきます。1回のセッションは20問、約5~6分になります。

ニューロトラッカー導入実績

プレミアリーグ最多優勝記録を持つマンチェスターユナイテッドがトレーニングに導入するなど、主にスポーツ選手が空間認知能力や周辺視野を鍛えるために、欧米を中心に活用されています。サッカー ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスターユナイテッド在籍時に使用したことでも知られています。昨年NHK BS1 「“勝てる脳”の秘密 ~完璧なアスリートをめざして~」でもサッカー選手への導入について紹介されました。その他、海外では教育機関や医療分野などにも導入されています。

ニューロトラッカーによる効果

例えば大勢の群衆の中を、衝突を避けて目的地まで進むには、視野や注意力が必要となります。これらは知覚認知処理機能と呼ばれ、年齢とともに低下すること、また訓練により向上させることができると報告されています。

2013年に発表された論文では、ニューロトラッカーによる複雑な動的多焦点注意運動タスクは高齢者の認知機能向上に効果があり、またその効果は若い健常成人と同等であると報告されました。その他にも、スポーツ選手、若者、ADHD患者など、幅広い対象者への効果が、各論文にて報告されています※。

ブレインフィットネス®は脳トレ・運動・食事・睡眠・マインドフルネス瞑想など、脳を活性化し脳の健康に良い生活習慣を身につける総合的な脳トレーニングジムです。今後も様々な世界最先端の脳トレテクノロジーを導入し、会員様の脳の健康やパフォーマンス向上に貢献してまいります。

※参考論文

●健常な若い成人対象の研究
Parsons, B., Magill, T., Boucher, A., Zhang, M., Zogbo, K., Berube, S.,…Faubert, J. (2016). Enhancing cognitive function using perceptual-cognitive training. Clinical EEG and Neuroscience, 47(1), 37–47. doi:10.1177/1550059414563746

●学習障害・注意欠陥・多動性障害(若い成人)対象の研究
Parsons, B., Bates, R., & Faubert, J. (2013). Attention and perceptual-cognitive training: Preliminary evidence for training attention-deficit populations. Paper presented at the children and adults with attention-deficit/hyperactivity disorder (CHADD) annual meeting, Washington, DC.

●健常な高齢者対象の研究
Legault, I., Allard, R., & Faubert, J. (2013). Healthy older observers show equivalent perceptual-cognitive training benefits to young adults for multiple object tracking. Frontiers in Psychology, 4, 323. doi:10.3389/fpsyg.2013.00323

Legault, I., & Faubert, J. (2012). Perceptual-cognitive training improves biological motion perception: Evidence for transferability of training in healthy aging. Neuroreport, 23(8), 469–473. doi:10.1097/ WNR.0b013e328353e48a

●アスリート対象の研究
Faubert, J. (2013). Professional athletes have extraordinary skills for rapidly learning complex and neutral dynamic visual scenes. Scientific Reports, 3, 1154. doi:10.1038/srep01154